ひとり暮らしマニュアル

ひとり暮らしマニュアル

ひとり暮らしマニュアル

ひとり暮らしマニュアル

首都圏の場合、賃貸住宅に入居するには、およそ家賃の6ヶ月が必要と言われています。その内訳は、礼金が2ヶ月、敷金が2ヶ月、仲介手数料が1.05ヶ月(消費税を含む)、前家賃(=入居を開始する月の家賃)が1ヶ月です。もっとも、礼金や仲介手数料が不要の物件もありますから、6ヶ月というのはあくまで目安と考えてください。また、引越し費用や家具等の購入費用も含めると、実際にかかる費用は6ヶ月より多いとも言えます。できるだけ余裕を持って予算を組んでおく必要があります。

ひとり暮らしマニュアル

礼金とは
賃貸住宅に入居するとき、家主に対して礼金を支払うのが一般的です。礼金は、賃貸住宅から退去しても戻ってきません。礼金の額は物件によって異なりますが、およそ家賃の1~2ヶ月が相場です。なお、礼金を支払うのは、賃貸借契約を正式に締結するときです。物件探しや入居申込の時点では、礼金を支払う必要はありません。


礼金ゼロの物件
首都圏では、礼金が不要な物件も増えてきました。しかし礼金ゼロの物件の多くは、その分家賃が高くなっているケースか人気のないお部屋が多いです。


敷金とは
敷金とは賃貸住宅に入居するとき、家主に対して敷金を預けておきます。
敷金はあくまでも預けておく金銭ですから、退去するときには原則的に戻ってきます。ただし、家賃を滞納している場合や、入居者の負担で部屋を補修する必要がある場合には、その金額が敷金から差し引かれることになります。首都圏では、敷金の額はおよそ家賃の2~3ヶ月です。なお、一部地域では家主に預け入れた敷金(保証金)の一部を退去時に償却する「敷引」と呼ばれる制度を採用している場合もあります。

仲介手数料とは
仲介手数料は、家主と入居者との仲立ちをしている不動産会社に支払う報酬です。この金額は最大でも家賃1ヶ月分の1.05倍以内と法律で決められています。実際には、この限度額(つまり1.05ヶ月分ちょうど)を支払うケースが多いようです。


前家賃とは
入居を開始する月の家賃のことです。例えば、2月に契約を済ませて、3月から入居を開始する場合に、契約の時点で9月分の家賃を前もって支払います。これが前家賃です。なお、月の途中から入居する場合は、前家賃として、その月の家賃(入居する日から月末までの日割り家賃)と翌月分の家賃を、一緒に支払うことが多いようです。この場合、前家賃は1ヶ月を超えることになります。


引越し費用
賃貸住宅に入居するとき、意外にかかるのが引越し費用です。この金額は、部屋の広さ、荷物の量などによって違います。また、引越し会社によっても開きがあります。およその目安として、ワンルームや1DKの場合で、2~5万円程度と考えておいてください。


損害保険料
賃貸住宅に入居する場合、入居者は自分のお金で損害保険や共済などに加入することが条件になっているケースが多くなってきています。この費用は2万円程度で、加入手続きは不動産会社が代行してくれます。

ひとり暮らしマニュアル

ひとり暮らしマニュアル

ひとり暮らしマニュアル

賃貸住宅を借りるとき、家賃のほかに「管理費」を毎月支払うことになります。管理費とは、建物の清掃などの維持管理に必要な費用のことです。

管理費は家賃と一緒に毎月支払うものですから、入居者の立場から見ると、家賃の一部と考えることもできるでしょう。ただし、礼金や敷金、仲介手数料における「家賃の○ヶ月分」といった金額に含まれません。

管理費は共益費等他の名称で呼ばれることがあります。また、毎月の賃料に含んでいるケースもあります。

ひとり暮らしマニュアル

賃貸住宅の駐車場を使用するには駐車場料金を毎月支払う場合が多く、「敷金・礼金」を預ける場合もあります。車を保有している場合は、駐車場料金が毎月いくらかかるのかをチェックしておきましょう。また、駐輪場も家賃・管理費とは別に料金がかかる場合があります。

ひとり暮らしマニュアル

首都圏の場合、賃貸住宅は2年契約にすることが多いので、2年に1度の割合で契約を更新するのが一般的です。契約を更新する際には、家賃の1ヶ月の「更新料」を支払うケースが多いです。
更新料とは、契約の更新の際に家主に支払う金銭であり、部屋から退去しても入居者には戻ってきません。損害保険料も2年に1度契約を更新する際にはあらためて、損害保険や共済などに加入する必要があります。

ひとり暮らしマニュアル

ひとり暮らしマニュアル

ひとり暮らしマニュアル

部屋探しには、自分や家族にとって何が大切かを決めておくことが重要です。すべての希望を満足させる物件を見つけることは困難ですから、どのような条件を優先するのかを決めておかないといつまでたっても物件を決められなくなってしまいます。

ひとり暮らしマニュアル

1)まず、いくらまでの賃料なら無理なく支払えるかということが重要になります。
家賃の理想家賃は収入の30%程度に抑えておくことが賢明だといわれています。

2)その範囲内で、生活やライフスタイルを考慮し、何を優先させるのかを決めておく必要があるでしょう。
最優先事項は、職場に近いことか?あるいは、多少通勤時間はかかっても住環境のよいところを望むのか。予算の範囲内であれば古くても広い物が良いのか?多少狭くても新しい物が良いのか?「バス・トイレ別」だけは譲れない等の条件を決めておかないと
物件を探すことが難しくなるからです。

ひとり暮らしマニュアル

部屋探しを始めるとき、最初に、予算を勘案しながら、自分が希望する地域の「家賃相場」を調べることが大切です。
家賃相場は地域ごとにほぼ決まっています。例えばワンルームマンションの相場が「7万円台」の地域で、「5万円台」の物件を探しても、見つかる可能性は低いということです。自分が払える予算と希望地域の家賃相場を比べてみて、予算の方が明らかに少ないときは、自分の希望条件を落とすか、家賃相場がもっと安い別の地域で探す方が近道です。また、2月~4月や9月は不動産会社の繁忙期で部屋数は多くなるものの競争が激しくなり、若干相場が高くなる傾向にあります。

ひとり暮らしマニュアル

急行・特急の停車駅は家賃が高め
当然のことですが、郊外に伸びる沿線では、急行・特急の停車駅は家賃が高めです。急行・特急が停車するということは、昔から市街地が発展していて、不動産の価格も高く、その結果、家賃相場も高いからです。

治安や環境のいい街ほど家賃は高くなる
治安や環境のいい街や駅の周辺は、生活が便利であり、しかも土地の価格が高いので、必然的に家賃も高くなります。駅から徒歩10分以内は家賃相場が高いのが普通ですが、駅から徒歩15分を超えると安くなります。都心の場合は自転車があれば非常に便利です。


住宅の種類と家賃の関係
マンションとは、一般的に、3階建て以上で鉄筋コンクリート構造の物件を指します。アパートとは、2階建てで、木造や軽量鉄骨構造の物件を指します。家賃相場から見ると、アパートはマンションよりも2割程度安いと言えます。しかし、建物構造が違うので、一般的にアパートは、マンションよりも防音性が劣るのが欠点です。騒音が気になる場合はマンションを選ぶ方がよいでしょう。なお、最近では、2階建ての物件でも、コンクリート構造(気泡コンクリートなど)を用いた物件が出てきました。この場合はマンションに近い防音性があります。


会社概要

会社の写真

日建ホーム株式会社

  • 会社概要
  • お問合わせ
  • 地図
  • 〒151-0053
  • 東京都渋谷区代々木2丁目13-3
  • tel : 03-3370-7384
  • fax : 03-3370-7376
  • 東京都知事 (3) 第79740号

新築デザイナーズマンション・事務所・店舗・土地・戸建・マンション・賃貸物件、常時20万件をご紹介。 当社は地元で41年の歴史があるグループです。

リーマンショック以降バブルが弾け不動産業界は低迷しておりますが、当社は一環して無借金経営を続け設立1年目で丸優法人に認定され、東洋経済『日本の会社所得番付』に掲載され、2009年には朝日新聞『天声人語』にも掲載され設立以降黒字経営を継続しております。  当社の取扱い物件は代々木・新宿エリアで売買・賃貸ともに新築・中古・リノベーションなどのデザイナーズマンション・事務所・店舗・土地・戸建・マンション・アパートなどの物件を常時20万件をご紹介中。 有資格者の宅地宅建取引主任者、不動産コンサルティング、税理士、ファイナンシャルプランナーが信用を第一に応対いたします。  当社管理物件の1Rから新築デザイナーズマンション・事務所・店舗等の大部分は直接、大家さんから物件の依頼を頂いている為、話がスムーズでしかも交渉もし易いです。 特に渋谷区・新宿・中野区・杉並区・世田谷区の賃貸物件は豊富です。